スケジュール | ロバハウス | アクセス | ロバの学校 | 掲載記事 | 楽器館 | 古楽市場 | 投稿欄 | English Page | コンタクト

中世・ルネサンス時代の音楽を独自のスタイルで演奏し、百の音色を持つと云われる古楽合奏団

今、一番新しい音楽

「カテリーナ古楽合奏団」が手にする諸楽器は死に絶えた古楽器ではない。伝統楽器として、洋の東西に生きつづけ、展開しつづけている人間味あふれた楽器なのである。したがってその音色は、特定の地域としてのヨーロッパのものでもなく、日本のものでもない。近代化の過程で歪められた音の氾濫する現代社会にあって、本来の人間性豊かな音を甦らせてくれる音、日本はもちろん世界中が、いま必要としている音楽だといえよう。彼らが演奏する楽曲は、その名に反して "古楽" ではない。楽器と同様、古楽のあり方に素材を求めての現代の音作りである。彼らの目指す "素朴で人間味あふれる" そして"今一番新しい音楽"である。                (音楽学者:江波戸 昭)

カテリーナ古楽合奏団のもくじ




カテリーナ古楽合奏団の演奏会映像
2003.11.22 銕仙会能楽堂にて行われたカテリーナ古楽合奏団のコンサート第一部のダイジェスト