スケジュール | ロバハウス | アクセス | ロバの学校 | 楽器館 | 古楽市場 | 投稿欄 | コンタクト | English Page

古楽器とは

カテリーナ古楽合奏団・ロバの音楽座で使用している古楽器

 

私たちが演奏している古楽器は、中世・ルネサンス時代に西欧諸国で使用されていた様々な楽器たちです。それらの楽器は、ある一部のものを除き一度絶滅してしまいました。20世紀初頭より古楽復興運動が起こり、絵画や文献などをもとに、徐々に復元製作が始まりました。ですから、近代の楽器と比較し「古楽器」と呼ばれるようになったのでしょう。ちなみに、途絶えることのなかった日本の伝統楽器なども古楽器と呼ばれます。


現代楽器との違いは


●音色は?
これらの楽器は、木などの自然の素材が使われています。現代楽器より音量は小さいものの、柔らかで、豊かな倍音と心地いい雑音とが混ざり合い、人間的な音色を醸し出します。中には野外で演奏する大音量の楽器(バグパイプ、ショームなど)もあります。


●演奏するのは難しい?
難しい点は「あまり先生がいない」ということです。演奏者は、インスピレーションと、絵画や文献など、あらゆる手掛かりから演奏法を自分で編み出さなくてはなりません。楽器に簡単なものなどありませんが、演奏者にイメージさえあれば、古楽器は優しく応えてくれるでしょう。


ロバハウスとは?古楽器とは?使用楽器?空想楽器?どうしてロバ?

どんな楽器?