スケジュール | ロバハウス | アクセス | ロバの学校 | 掲載記事 | 楽器館 | 古楽市場 | English Page| コンタクト

ロバの音楽座の空想楽器とは?

ロバの音楽座は、中世・ルネサンスの古楽器以外に、「空想楽器」と呼んでいるロバのオリジナル楽器を使用しています。「身の回りのものは全て楽器」「新しい楽器の可能性を」という思いを込めて、空想楽器を創作し、古楽器と融合させています。古楽器と空想楽器の愉快なコンビネーションにより、子どもたちのイマジネーションは大きく膨らむことでしょう。

<代表的な空想楽器>

新聞紙の楽器
新聞紙を加工して楽器をつくるのではなく、新聞紙そのままを使い、様々な音の現象をつくったり、新聞紙を伴奏楽器として歌を歌う。
611
バケツなどで出来た、管弦打が合体した空想楽器。体長:約3m 「ジグの空想音楽会」で使用。
ジグの初演が6月11日
だった事から「611」と命名。
G3
電気を使わないコンピューター楽器? 段ボールとチューブゴムと空き缶があればすぐに出来上る。ベースのような音がする。「トーナドーナの音楽会」でデビュー。
ビンの笛
ロバの音楽座はビンの合奏にかけては世界一?
「愉快なコンサート」で使用。

ナガイドン
バケツとホースで出来た、恐竜型吹奏楽器。
メンバーの長井和明が吹くので「ナガイドン」。

その他、多数あります
雑誌掲載記事のページに空想楽器の作り方を特集したものがあります。


ロバハウスとは?古楽器とは?使用楽器?空想楽器?どうしてロバ?

ロバハウスのロバとは?